盂蘭盆会(うらぼんえ)


お盆とは正式には、盂蘭盆会といい、インドの古い言葉・梵語の「ウランバナ」という言葉から
来ています。この「ウランバナ」という意味は、「逆さまにぶら下げられるほどの苦しみ」、
という意味であります。こんな苦しみがもし、御先祖様があっているのならば、お救い下さい、
と願う心から生まれたのが、現在のお盆の始まりです。

8月13日〜15日は御先祖様の魂が帰ってこられると考えられ、迷わず戻ってこられるように、
また、迷わずあの世に戻っていけるように、この世から供養致します。

当山では、「施餓鬼会(せがきえ)」「お盆会(おぼんかい)」 「鐘崎初盆家盆踊り供養(かねざきはつぼんけぼんおどりくよう)
そして、終戦記念日とも重なり、「戦死者慰霊祭(せんししゃいれいさい)」や 海町ならではの「海難者慰霊祭(かいなんしゃいれいさい)」も行います。


施餓鬼会(せがきえ)


皆様方の御先祖様の御霊があの世で安らかでいるとは限りません。
現に、高僧、目蓮尊者(もくれんそんじゃ)が、神通力で亡き母の姿を探してみると、 母は餓鬼道に落ちて苦しんでいました。餓鬼道は食べる事もできず、水を飲む事もできずとても辛い世界です。

尊者は悲しみに耐え切れず、母を何とか救いたいと御供養したことで母はお浄土に導かれたのでした。
悪道に陥った者も、施餓鬼供養にて、たちまち天上善果をなすとし、法要営まれ救いを求めたのです。

この逸話に基づき、三界万霊の御供養を致します。
先祖の御霊の安穏を願わずにはいられない、この世の私たちの心の表れなのです。
今でも施主は信心を込め、先祖の霊を供養するとともに、現世の人間がこの世で行う悪行の許しを請うために、 大勢の参詣者による法要が営まれております。











ちなみに、仏教では魂のおもむき住む地をあの世から、地獄までを六道に分け、天人界(あの世)人間界(この世)・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄と説いております。


お盆会(おぼんかい)


御先祖様がこの3日間、お浄土よりこの世に戻られます。お迎えの準備に勤しみ、13日お迎えに御霊家に参り、 15日お見送りにまた参ります。


鐘崎初盆家盆踊り供養(かねざきはつぼんけぼんおどりくよう)


鐘崎盆踊りは無形文化財に指定され、お盆のみならず、24日まで各部落を回り、御霊の御供養に勤めます。

戦死者慰霊祭(せんししゃいれいさい)


終戦祈念日に、万霊塔で御供養祭が営まれます。

海難者慰霊祭(かいなんしゃいれいさい)


海の恵みを生活の糧とした鐘崎の人々は、悲しくも海でお亡くなりになられた先任の御供養を手厚く致します。

 そもそも、この法要は毎年、十二月二十日に鐘崎漁協の主催で泉福寺にて、梵鐘(県文化財)供養と兼ねて厳修しておりますが、ご存知の様に八月十五日が戦没者の慰霊祭が行われまして、その夜、盆踊で御供養されております。
 それに併わせまして、八月十六日も、戦死者の精霊並びに海難者の精霊、別しては三界万霊、それと、鐘崎盆踊(県文化財)を継承されてこられた、各家先祖様の御供養も、併わせてお勤めさせて頂いております。
 厳密に申しますと、八月の初旬に泉福寺で施餓鬼(せがき)法要を勤め、その日より、戦死者、海難者、先祖代々、三界万霊のそれぞれのお位牌を、八月二十四日(地蔵盆)までお寺でお祠りし、御供養致しております。
 今後も、それぞれの法要並びにお祠りを相営み、鐘崎盆踊でもって、先立たれた諸精霊の御供養を相続して参りたいと存じます。