泉輪 平成29年11月



無量光明


過日の朝日新聞の天声人語の記事です(原文です)

1922年、米国でこんな広告がお目見えした。「広い土地や牧場、農園を守るのに理想的な武器です。全自動なら一分間に一五〇〇発、半自動なら五〇発撃つ事ができます。トンプソン銃は、簡単、安全、頑丈で信頼できます」。個人向けに売り出された機関銃だ▼南北戦争で使われ、第1次大戦で広がった機関銃は戦争を大きく変えた。エリス著『機関銃の社会史』には開発に携わった人物の言葉がある。「あの速射性があれば兵士、百人分の仕事を一人でまかなえるだろう」▼そんな危険な武器が野放しになっているのが、どうしても信じられない。米国ラスベガスの野外コンサート会場が狙われた乱射事件である。にぎやかな音楽に続く、あの連射音。もし自分がその場にいたと考える▼銃を規制すべしとの議論は米国で何度も起きては、つぶれてきた。学校で銃乱射があっても、幼児が家にあった銃を誤射して死亡しても。銃撃を防ぐため、もっと銃が必要だとの声すら出る▼「ジユウ」と「ジュウ」。銃規制に反対する人には、二つは分かちがたく結びついているようだ。自由な市民には、いつでも専制政治に立ち向かう権利があり、そのため銃がいる。かつては意味のあった議論でも今は日々の安全を損ねているだけだ▼コンサートで演奏していた一人が「私は間違っていた」とSNSに書いた。これまでの考えを改め、銃規制が必要だと訴えた。そんな声が今度こそ広がってほしい。自由な社会を銃から守るために。(終)

この記事を読み、銃について考えてみました。アメリカと違い日本の法律では銃の個人所持は認められていません。明治以前に作られ、弾薬を発射できない骨とう品はこの限りでない等の例外や、警察官、自衛官その他の国の統治にかかわる公務員職はさておき、競技のクレーン用、猟銃用等、使用目的の明確な場合でも厳しい法律の下で使用や保管は厳重になされています。たまにと申すか、頻繁にと申すか、表現に苦慮しますが、巷のニュースで暴力団等の特殊な非合法団体の抗争や襲撃に拳銃という言葉が重ねて報道されますが、それとて、私ども一般市民の生活とはかけ離れた、決して交わることのない世界と一線引いているのが、現状の日本の日常ではないでしょうか。

しかし、それはかけ離れた世界ではあるものの、現実その距離は確実に短くなっているのかもしれないとそのようなことを感じることがございました。家内が知人に頼まれて、動画の編集をしておりました時のことです。その動画に文字を入れこんだり、背景に違う写真を入れこんだり、はたまた、音楽を重ねたりと、私にはわからない作業をしておりました。
その際、何か思いつく効果音を探していたらしく、つたない動作で色々なサイトを検索しておりました。そこに「銃声音」というところがあったので私も聞いてみました。私の勝手な想像で、その音は「パキューン!パキューン!」とか「パン!パン!」とか、西部劇の様子から聞こえてくる音を想像していたのです。

ところが実際に聞こえてきた音は、「だぁっだぁっだぁっだぁっ!」や「だらぁらぁらぁらぁらぁらぁ!」と連射の音ばかりだったのです。必死になり単発の弾丸発射音の効果音を探してみると「レトロ音」というカテゴリーの中にあったのです。実際、子供たちに銃声音を口にさせると、連射の音を口にします。
若者のイメージに「銃」といえば、既に連射音しか脳裏に植え付けられていないし、いえ、銃の使用をしたこともないのに連射音が植えつけられているという事実に驚愕せざるを得ませんでした。

アメリカでは、ラスベガス銃乱射事件を機に、アメリカの銃規制の論議は活発になり、州単位で違う法律を一本化した、銃の所持撤廃や厳しい登録許可制等の法律を変えたいと願う市民の声が高まっています。
しかし現状では、既に蔓延している銃社会の規律を変えることは難しく、日本以上に貧富の差が激しいアメリカ資本主義の中での生活では、危険がいつも隣り合わせで護身用が手放せないのが実像のようです。

合掌
輝空談